タグ

,

SNSでは先にご報告しておりましたが、シンセ道場、無事に優勝する事ができました。
自分がそういう場に出るという事は、数年前まで予想もしていませんでしたし、シンセ好きな人たちがたくさん出ていて、お客様もそういった人ばかり、審査員もすごいメンバーでそんな中、優勝できたのはとても嬉しいです。てか特別ゲスト審査員、松武秀樹さんって、すごすぎます。

優勝賞品はなんとKORG monologue!!
そのほかにも、YAMAHAのメモリーカードとか、JSPAのTシャツ、LOGIC SYSTEMののクリアーファイルなどいっぱいもらいました。

正直、私なんかより若手受賞者にプレゼントした方がいいんじゃないのか??とも思いましたが、いただいたからには、monologueでかっこいい曲を作らなくてはと、責任重大です(笑)

自分以外の賞を取られた方はだいたい予想通りで、たぶん全く情報のないゆずみかんさんが、何かをしでかしてくれるだろう、、と、考えていましたが、やはりやってくれました^^
ゆずみかんさんの曲は、もう一度落ち着いて聞いてみたいなぁと思います。

いつかはアンビエントをちゃんと作ってみたいと思いました。もっと心が澄んだらね、、
曲には必ず人の心が反映されるので、アンビエント作ったらもろ出そうで怖い。。

そして、個人的に衝撃を受けたのはYaccoさんかな、、
一般的には女性が歌う歌モノが絶対的に人気だと思いますが、私はあまり歌モノに反応する事はないです。逆に歌には勝てないといつも思っているので、、
で、彼女は最初の1曲ドラムンベースぽい曲で攻めて、あと2曲が歌モノだったのかな?
その最初の1曲が、めちゃくちゃかっこよかった。
クラブミュージックを作り出すと、いかにかっこいいリズムトラックを作るか、、という事に重きを置きますが、彼女は本当にかっこいいトラックメーカーだなと思いました。

そんなわけで、当日の自分の写真をば。。会場に来られていた桜井さんが撮ってくださったのからチョイス。

こちらはYAMAHA MG10XUというmixerでエフェクトかけているところ。
1週間前に私の先生にディレイでダブっぽくもできますよ、なんてアドバイスを受けて大急ぎでかけるところを考えたので、当日ディレイをうまくかけれるか心配でしたが、自分的にはいい感じでいけて、帰りがけにも江夏さんに褒められたので、まずまずよかったのかなと。
このmixerは、オーディオインターフェース、エフェクター(SPX)もついているので楽器以外に持っていくものが減って、とても便利。
音もいいし、この価格とコンパクトさでこの性能はライブにもってこいです。

こちらはKORG MS-20miniのローパス、ハイパスフィルターを一緒にいじっているところ。この曲はたぶんそれしかしてないので、それがばれて審査員さんよりレゾナンスも動かさんかいっっとご指摘(笑)
このフィルター、それだけでもじゅうぶんかっこいいと思ったんだけどね、やはりプロにはわかるらしい..
でも次回は、がんばって違う指でレゾナンスを動かしてみます。。

こちらは梅田ナカイ楽器のカタヤマさんが撮ってくださった写真です。
松武さんからトロフィーや賞品をいただいて、めっちゃ笑ってますね、、私。

シンセ道場で活躍した楽器
KORG MS20mini →implant4で2、3年ぐらい前に購入。
RolandTB-03→梅田ナカイ楽器で半年前に購入
YAMAHA MG10XU→梅田ナカイ楽器で3ヶ月ほど前に購入

RolandTB-03を使うかmoog minitaurを使うかマジで悩みました。
moog minitaurを使っている曲の方が時間かけて作っているので、曲がよかったのですが、今回はがっつり国産で攻めました。バトルだから攻めにいったというよりかは、なんだかんだ言いながらローランド好きだからね、、
でもTB-03を使った曲については特に何もコメントないので、もうちょっとがんばってかっこいい曲作らないとダメだなと思う次第です。
当日は出演前に死ぬほど緊張したせいか、本番は全く緊張なく落ち着いてできました。

ちなみに当日の様子はこんな感じ。
すごい盛り上がりで熱気ムンムン^^

シンセ道場(温泉)の皆様、こういう機会を与えてくださって本当にありがとうございました。

そして、応援に来てくれた方々、会場で観てくれた方、出演者の皆様
本当にありがとうございます!!

そして私がここまでこれたのは、DTM教室コンピュータミュージッククラブDeeのおかげだと思います。だってそれまでミックスとかマスタリングとか全く皆無でしたから。。
先生本当にありがとうございます!!

 

 

広告